ロゴ

審美歯科に行こう!綺麗な歯を維持する為にできること

診察室

ホワイトニングの仕組み

歯磨きやクリーニングをして歯の表面の汚れを完全に落としても、どこか黄ばんでいて真っ白な歯にならないことがあります。これは歯そのものの色なので、クリーニングではこれ以上白くなりません。より白い歯を望むなら、歯科でホワイトニングを受けるのが有効です。歯のホワイトニングは梅田の審美歯科がおすすめです。ここで行うホワイトニングには2段階あり、まず表面のエナメル質に対し、過酸化水素などを含む薬剤を使用して黄ばみを完全に除去します。ただしエナメル質がきれいになって半透明になると、その奥にある象牙質の黄色が目立ってしまいます。そのため、薬剤にはエナメル質の構造を変化させることで曇りガラス状にする効果も含まれており、それによって黄色い象牙質の色は見えなくなり、歯は真っ白に見えるようになるのです。

歯科医と患者

ホワイトニングの種類

梅田の審美歯科ではホワイトニングの種類を複数用意しています。オフィスホワイトニングは歯科医院に行って治療を受けるもので、ホワイトニング剤を歯に塗布して特殊な光を当てます。効果が早く出るのが特徴です。ホームホワイトニングは、歯科で専用のマウスピースと薬剤を用意してもらい、自宅で自分の手で行うものです。薬剤の濃度が低めなので白くなるまで期間はかかりますが、より長い期間白さを維持できるという特徴があります。この二つを合わせたものがデュアルホワイトニングです。まずはオフィスホワイトニングで白くし、その後補助的にホームホワイトニングを行うことで長く白い状態を維持します。まさに両方の「いいとこどり」といえる方法です。